名古屋 関会計事務所 税理士

名古屋 関会計事務所 税理士
トップページ 電話番号052-775-3558 E-mail info@seki-acc.com

相続対策・事業承継対策

相続対策

"相続対策"というと、何が思い浮かびますか?

この問いかけに対して、「相続税を減らす方法を考えること」と答えられるでしょう。
もちろんその通りです。でもそれだけで良いのでしょうか?
例えば、税額軽減対策の結果、相続税額が5000万円から3000万円に減ったとします。
2000万円納税額を減らせたのは良かったのですが、3000万円を納税するだけの資金が準備できていなかったとしたら・・・・

相続対策を進めていくにあたっては、次の3つの対策をバランスよく実行していくことが大切です。

3つの相続対策

相続税申告スケジュール

当事務所では、お客様と綿密な打ち合わせを行い、お客様のご意向に沿いながら、最適な方法を検討し実行していきます。

初回のご相談は無料です。悩む前にまずはご相談ください。
お問い合わせ

事業承継対策

"経営者の高齢化と親族内承継の減少"という現実

中小企業の事業承継を取り巻く現状をご存知ですか?

経営者の高齢化

中小企業経営者の平均年齢は57歳。20年間で約5歳も上昇しています。

親族内承継の減少

20年以上前は約80%であった子どもへの事業承継は、近年約40%と半減しています。

事業承継の方法

事業承継の方法には、①親族内承継 ②従業員等への承継 ③M&Aの3つがあります。
各方法のメリット・デメリットを理解し、会社を取り巻く状況を正確に把握したうえで承継方法や後継者を確定することが大切です。

  ①親族内承継 ②従業員等への承継 ③M&A
メリット ・後継者を早期に決定できるため、準備期間を十分に確保できる。
・内外の関係者から心情的に受け入れられやすい。
・会社の内外から広く候補者を求められる。
・従業員に承継する場合は、経営の一体性を保ちやすい。
・身近に適任者がいない場合でも、広く候補者を外部から求められる。
・現経営者が会社売却の利益を獲得できる。
デメリット ・親族内に適任者がいるとは限らない。
・相続人が複数いる場合、後継者の決定が困難になる可能性がある。
・親族内承継と比べ、関係者から受け入れられにくい場合がある。
・個人債務保証の引継等の問題がある。
・希望条件を満たす買い手を見つけるのが困難である。
・経営方針が変更される場合がある。

当事務所では、貴社の現状を把握し、経営者のご希望を伺いながら、事業承継計画を立案し、スムーズに承継が行われるようサポートしていきます。

事業承継の手順

事業承継の手順
初回のご相談は無料です。お気軽にご相談ください。
お問い合わせ

Copyright© SEKI accounting firm All rights Reserved.